サービス(リペア タタキ補修 穴埋め)

リペアたたき補修(穴埋め)とは、
あえてダメージを活かした個性的なリペア方法から目立たないリペア方法も研究しました。
ジーンズリペアとは単純に穴を塞いだりほつれた糸を繋ぎ合わせたりする作業の事をいう。至ってシンプルな作業ですが、工夫しだいで、個性的に仕上げる事が可能です。
あえてダメージ部分を活かしたリペア方法が1つのテクニックである。もちろん、出来るだけ目立たないように仕上げる事も可能です。

あえてダメージを活かした個性的なリペア方法

あえてダメージを活かした個性的なリペア方法から目立たないリペア方法も研究しました。ご注文時に【ご要望欄】 にダメージを活かしたリペア希望とご記入ください。このリペアは膝、太腿にはてきしてますが、
ヒップ、内股のリペアには不適合です。

出来るだけ目立たないように仕上げるリペア方法(叩き込み)

あえてダメージ部分を活かしたリペア方法が1つのテクニックですが、補修をする部位により。ダメージを活かした補修がおすすめできない事のあります。この場合は出来るだけ目立たないように仕上げます。
内股の補修、前後のポケットの際の破れ補修 等々

膝ダメージ補修

膝のダメージを補修を施します。
ひどくなる前にご利用下さい。最もポピュラーのは膝(ひざ)とおしりのダメージです。
補修はダメージの具合によって異なりますが、そのダメージに対して最善の方法で補修を施します。ひどくなる前にご利用下さい。

裾アタリダメージ補修 裾部分の擦り切れ補修

裾の”あたり”部分のたたきです。 ひどくなると、丈が短くなってしまいます。 ”あたり”部分(横糸)が残っている状態での補修をお奨めします。
画像はタタキ込みにて補しました。

内股ダメージ補修

インシーム(内股)の薄破れ補修です。
あたり部分の補修です。ステッチ際までの補修です、

ヒップ、内股のリペアにはタタキ込みににて補修をします。

後ろポケットダメージ補修

後ろポケットの破れ補修です。
この箇所の補修は一度、ポケットを外さなければ補修ができません。

前ポケットダメージ補修<

前ポケットの破れ補修です。
ポケット口ステッチ補修も可能です。
ポケット内側の袋布(スレーキ)の交換も可能です。
この箇所の補修は一度、ポケットを外さなければ補修ができません。